採用情報

社員紹介

採用情報 > 社員紹介 > Kota.A (エンジニア)

Kota.A (エンジニア)

2016年入社(新卒)

Kota.A (エンジニア)

なによりもエンジニアが楽しそうだったんです
じつは就活ではFJCT(当時はニフティ)しか受けていないんですよ。会社説明会に来たときに、なによりもエンジニアが楽しそうだったんです。もともとFJCTのサービスやエンジニアには良い印象を持っていたので、あまり他社を受けようとは思わなかったですね。


僕は高専出身なのですが、本科4年のときに、ニフティの出前授業があったんです。そこで、「C4SA」や「mobile backend(mBaaS)」に触れて、世の中にはこんなに便利なツールがあるのかと。それまではアプリケーション開発の環境構築をするのも結構面倒な作業だったんですけど、あっという間に開発環境がセットアップできてしまう。驚きました。

mBaaSは自分でも作ってみようと思い挑戦したのですが、挫折しまして、やっぱり本職のエンジニアは凄い人たちなんだなと思いました。そのときの講師のみなさんは、いま一緒に仕事をしている先輩なんですが、こんな人たちと一緒に、便利なツールを開発してお客様に提供できたらと思っていたので、願いが叶って良かったです。



仕事は楽しいです。いつまででも仕事をしていたいって感じ

いま担当しているのは、ニフクラエンジニアリングパーツの「スクリプト」という機能です。クラウドのコントロールパネルやAPIからサーバーレスでスクリプトを実行できる機能で、お客様にとってはインフラ管理が不要になるというメリットがあります。「AWS Lambda」をはじめ、他社クラウドサービスにも同様の機能があるので、他社ではなくニフクラの「スクリプト」を使ってもらえるように差別化を考えつつ、日々開発を進めています。

これまで経験した仕事で大変だったのは、IoTデザインセンター案件でのデータ解析業務です。あるデータを機械学習にかけるためにデータの前処理が必要だったのですが、元データがExcelを印刷したものをPDFにした画像データだったため、先輩とふたりで手作業でデータを切り出しました。「目OCR」と名付けて作業をしていたのですが、正直つらかったですね(笑)。でも、ITが導入されていない現場にIoTを導入するというのは、そういう苦労が伴うもの。大変だったけど、実際に納品できたときには、「よしよし」と達成感を噛みしめました。

大変なこともありますが、僕は基本的に仕事は楽しいです。仕事がしんどいという人もいるけど、自分はいつまででも仕事をしていたいって感じ。もともとプログラムを書くのが好きで、プライベートでもプログラムを書いているから、好きなことを自由にやらせてもらっている感覚なのかな。服装が自由なのも、自分としては重要です!



開発環境に新しい技術を導入していくことで、エンジニアのモチベーションを向上させたい
幼稚園のころは「大工さんになりたい」と思って色んなものを作ってみたりしていましたが、パソコンを触るようになってからは電子工作にハマりました。作ったものを動かそうとするうちに「最終的にはプログラムがすべてなんじゃね?」って考えて高専に進んだんです。
自分なりにプログラムは学んできたつもりでしたが、会社に入ってみると自分の技術力はまだまだで...凄い先輩エンジニアがたくさんいるので、日々みなさんから技術を学んでいます。なので、自分にとってFJCTは「技術を磨ける場所」ですね。

これからもっと技術を磨いていくために、優れたエンジニアにたくさん入ってきて欲しいです。そのために、社内開発環境の改善にも取り組んでいます。開発環境に新しい技術を導入していくことで、エンジニアのモチベーションを向上させたいですね。いま検討しているのは、Kubernetesの導入。Dockerの実行環境をクラスタ化できるんですけど、これを社内コンテナ基盤という感じで、エンジニアの誰もが使える基盤にしたいと思っています。

ともに技術を磨きたい人、一緒に開発環境改善に取り組んでくださる人に、ぜひ来てもらいたいです!


プライベートでも趣味はプログラミングです。



・ニフクラ mobile backend(http://mb.cloud.nifty.com/
・ニフクラ スクリプト(https://cloud.nifty.com/service/script.htm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加